ニキビ思い出
ホーム > 日記 > さまざまな市場を見きわめる

さまざまな市場を見きわめる

実際にパソコンの画面の前に座り、いつも動いている為替相場を目を向けていると何となく売り買いをしなくてはいけない衝動に影響される方も多いと思います。

 

だがしかし、不明瞭な衝動でエントリーするのだけは断じてしてはいけません。

 

ご覧の通り、外国為替相場は昼夜を問わず、常に市場は関いているし、為替レートも休みなく変動している。

 

しかしながら、何度もトレードをすると、その回数分だけ損失が生じる可能性が増します。

 

言うまでもなく、売り買いの数を増やすことによって、トータルで利益を上げられる確率か五分五分になります。

 

しかしその事は「明確でない思いつきで売り買い」してしまうこととはが異なります。

 

売り買いの回数を増やすということは自分が「ここは!」と考え付いた勝機を得られた状況での売買回数を積み重ねるという意味です。

 

特段の理由も無く、絶え間なくトレードを重ねるのとは大きく違う。

 

相場の勝負に勝利するためには、あなたが意識的にけじめをつけることが大事だ。

 

「ここがチャンス」とよく考えた外国為替市場の時には、思い切って保持ポジションを多くして、覚悟を決めて儲けを追求する。

 

「だいぶ分からない外国為替市場で、どう上げ下げするのか考え付かないな」と感じたならば思い切って所有ポジションを全部閉じて何もせず静観します。

 

それぐらいの緩急をつけた方が結果的にトレードは儲けられます。

 

マーケットの金言には「休むも相場」というものがある。

 

まったくその通りです。

 

FXとはいかなる時でもポジションを保有する事がすべてではなく、売買ポジションを持たずにじっと待っている事も、FXです。

 

それならば、どういった時に、休む必要があるのでしょうか。

 

ひとつめは、前述したように、直近の外国為替相場が明確に理解できない時です。

 

これからドル高になるのか、ドル安になるのかが決める事が出来ない時は考え無しで行動すると、自身で思い描いたシナリオとは逆方向に市場が変動してしまい、損失を被る事になります。

 

だから、こんな場合はポジションを減らしてそのままの状態で静観しているのが最良の選択です。

 

ふたつめは、体の状態が悪いときです。

 

体調とマーケットに関係しないと思う方もいるでしょうが意外と関係あります。

 

体調が思わしくなければ市場の重要なところで正しい判断ができない。

 

気乗りがしない時はトレードから距離を置くことも大事な事です。